輝トーストマスターズクラブ

タグ:トーストマスターズクラブ

6月27日。コロナ禍は大分落ち着きましたが梅雨の湿気の中、今回もオンラインにて輝トーストマスターズの第173回例会が開催されました。
新しいビットマップ イメージ2

今回は、前回に引き続いて西宮トーストマスターズクラブからM本さんが、そして初のゲスト参加として和歌山トーストマスターズクラブからW岡さん、東京論評トーストマスターズよりK杉さん、桜坂トーストマスターズからE島さん、O瀬さんにゲストとしてご参加頂き、なんと11名という大人数での開催となりました。

1番手は、N村さん。
楽しませるスピーチ #4ドラマティックな話
スピーチタイトル「夏の定番」

 夏の夜の定番と言えば怪談。TVで怪談が出ると思わずチャンネルを変えてしまうくらい怖がりなN村さん。でも、この家に引っ越してきて、ある時期から妙なことが起きる。夜になると聞こえるバサバサという奇怪な音、床ににいつの間にか現れる黒い物体。N村さんの身体にも、ダニ噛まれたような跡が現れる。翌年も、その翌年も。。そして、家の中でバサバサ音が聞こえるに至り、「家の中に”何か”いる、黒いものはフンだ!」と気付くN村さん。
 いつの間にか、その”何か”は居なくなってしまった。”何か”は一体何であったか、それは今も分からない。

 
 オノマトペや、分かりやすい表現が光るスピーチでした。全てを伝えず余韻を残すことで怪談と言うジャンルを上手く確立しています。一方で、タイトルの「定番」には一致しない珍しい体験であること、表情に変化を付けるとより臨場感が出る、間をじっくり取り想像を掻き立てると良いという意見が挙がりました。

2番手は、F田さん。
パスウエイズLv2 革新的な企画立案 2-1 リーダーシップスタイルの理解
スピーチタイトル「私のリーダーシップ」

 トーストマスターズの新マニュアル”パスウエイズ”に手を付けたF田さん。マニュアルで自分のリーダーシップスタイルを調べてみると「権威主義型」とある。「目的に向かい長期的な方向性を決めるのが得意、細部に渡って伝えるのは苦手・・・」自分がこのスタイルとなったのは、きっと自分の職業である弁護士が関係しているのであろう。新人の時は知識を増やしてきたが伸び悩んだ。そんな時、尊敬する顧客満足度トップの先輩女性弁護士から銀座のクラブで話を聴いたことで自分の在り方について考えるようになった。「クライアントの未来を予見しズバリと伝えること」当時は悩んだが、知識を増やし心掛けてきたこと。振り返ればそのことが自分のリーダーシップを確立させたのだ。
 
 丁寧、それだけでなく豊かな気持ちの表現が素敵なスピーチでした。体験談から、自分がどういった職業人であるかについて考察がされております。説明のポイントを絞ること、聴衆にこのスピーチを通して何を伝えたいか明確にすること、スタイルに無理に当てはめる必要はなく次点以降の特徴と併せて見ていくと良いという意見が出ました。

3番手は、O田さん。
基本マニュアル #1 アイスブレイク
スピーチタイトル「とにかく話そう」

 今から4年前、「3日後の飲み会で、面白いスピーチをしろ」と上司に言われ大いに悩んだO田さん。ネタはいくつか思いつく(鉄道のAI案内システム「サクラちゃん」、歌舞伎町でのお話、等)が、ふと思う。自分はこの話を通して聴き手にどう思ってもらいたいのだろう?そして選んだ話は”あるネコの話”「死んでも蘇るネコはその性質から、ある時は海賊になったり、ある時は会社社長になったりと好き勝手に生きていた。しかしあるとき、とあるネコに恋をする。幸せな日々の中で、そのネコは”これからは、自分のためでなく、この子のために生きよう”と思う。そして時が経ち、最愛のネコに先立たれ、泣きじゃくったネコは自分も最期を迎えることができた」。
 会社の人達の反応が気になったが、スピーチを終えると「良いスピーチだった!」と言ってもらえ、哲学的な考えが素晴らしいとの声ももらう。何かを話さないと、つかみ取ってはもらえない。これはトーストマスターズに入った自分の原点。そう思い、今も自分は話している。


 一段深いメッセージは、前半のコミカルな描写と相まって、大いに聴き手を惹きつけていました。アイスブレイクに悩む周りへの力強いメッセージとの感想が挙がりました。メッセージは話すことの大切さというより、誰かのためを思うことの大切さではないか、会社の人達からバッシングを受けるかもと思っても伝えようと思った理由は入れておきたいとの指摘が有りました。

今季最後のスピーチである4番手は、K上会長。
特別な状況のスピーチ #1即興スピーチ 
スピーチタイトル「最近の」

 ウィズコロナの時代、自分の身体を守る免疫力が大切と感じるK上さん。しかしアルコール消毒の様に本来人間に合っていないことをするのは違うのではないか。そんな中、免疫力アップの秘訣を知る。「光、暗闇、外遊び」陽の光を手のひらに15分あたり、夜は暗くすること、そして日中は外に出る。これだけで、免疫力はあがるのだ、そう思い実践している。皆さんも、是非やってみませんか。
 
 声の通りの良さ、リズムの有る印象に残るフレーズ、共感性のある伝え方が御素敵なスピーチでした。情報を伝えるということでより自信を持って言いきることが大切という意見も出ました。


 例会の後、今期役員の解任式と次期役員の就任式が有りました。ゲストの皆さんからは、大変濃い時間で学びとなった、ベスト賞を無くすことで相手のためになる論評や意見、見解を伝えることができる例会であるとの言葉を頂くことができました。

 次回例会もオンラインで行います。皆様是非遊びに来てください。(入会して頂けるとスピーチもできる様になります)

 輝トーストマスターズでは、少人数ながらとことんスピーチ、ひいては自分の伝えたいことや考え方と向き合える時間を提供しています。
 通常の活動に物足りなさを感じている方、是非輝トーストマスターズで一段深い日本語の世界に足を踏み入れてみませんか。

8月29日。ミューザ川崎にて第163回例会が開催されました。
今回はゲストに小田原トーストマスターズのI田さんを迎えての例会となりました。今回のスピーチラインナップも濃いめですよ!

1番手はA部さん
楽しませるスピーカー#5食後のスピーチ
タイトル:「明日はもうない」(仮)
IMG_1570 - コピー

AIの進展、発展により30年後無くなる職業を予測。まずAIとはどんなものかA部さんの理解について披露します。Y=f(x)の関数、つまり方程式になるものは全てコンピュータ処理が出来るからAIのジャンル。例として読売ジャイアンツが勝っていくための「勝利の方程式」=判断業務がAIで組み立てられる。すると原監督はいらなくなるのです。
そこから類推すればコンサルタントも弁護士も判事も医者も政治家も官僚も不要。さらに創作の世界でも作家が作品を作り上げるには個人個人で「方程式」を持っているはず。するとAIのジャンルとなり作曲家、画家、作家等芸術家も不要になる。AIが作った芸術を人は受け入れるか。もちろん受け入れる。誰かが素晴らしいと言えば、皆そちらになびいていく。現代社会は流行で成り立っている歴史だから。つまり判断業務・創作業務を行う所謂「先生」と呼ばれる職業は30年後には無くなるのでしょう。

ジャイアンツ・原監督をメイン話題にしてスピーカーの考えるAIを延べると、分かり易く面白みが出たはず。職業が無くなるという言い方でなく、先生達は働らかなくて済み、余暇ができる、嫌な・辛い仕事がなくなるという面を言ったほうが良かったのでは。「先生」が嫌いな人たちの集まりとして、「先生」いじめの基調で話したら面白かったかも。との意見が出ました。
本人談では、ごもっとも。盛り込みすぎた。ある部分に焦点を当てれば質が高まるだろうから、トライする価値はありそう、とのこと。


2番手(現在編集中)
IMG_1587 - コピー

3番手は、F田さん。
説得力のあるスピーチ #5説得力のあるリーダー
スピーチタイトル「問題社員対応の必要性」

IMG_1577

本スピーチの前提条件は、下記の通り。
問題社員への対応セミナー(合計4時間程度)冒頭で問題事例の解説に先立ち話す内容。受講生は中小企業の社長や人事労務担当者。その受講生に対し、問題社員対応の必要性を理解してもらい、本セミナーで学んだ知識を使って対応を促すことを目的としている。

スピーチ本編:
どうして問題社員に対応しなければならないのか?「問題社員」と言っても、同じ職場で働く仲間のはず。「問題社員に対応」なんてしたら、何か悪いことをしているような気分にならないか?でもF田さんが問題社員対応のアドバイスをしたり、講演をしたりするのには理由があります。
もう何年も前のこと。ある中小企業でひとつの部門を任せきりにされている古株の社員がいました。社長の言うことを聞かず、その部門で何が行われているのかを報告しない。社長がまずいと思って社員を採用しその部門に配置するが、1か月もしないうちに辞めてしまう。おかしいと思いつつも踏み込んだ指導をしないでいたら、とうとう5人も新入社員が辞めてしまった。古株の社員が新入社員に仕事を教えず、嫌がらせをしていた。社長が問題社員であっても自分が我慢すればいいと思っていたのは間違いだった。被害者は新入社員だったんです。
また別の中小企業では、採用した新入社員の性格がきつくて上司の言うことも聞かない。社長が放置していたら、とうとう上司がうつ病になって何か月も仕事を休むことになってしまいました。他の先輩社員たちからも嫌われ「彼が辞めないのであれば,自分が会社を辞める」とまで言い出す者が出てくる始末。問題のある社員であってもあまり厳しく注意したりせず、成長を温かく見守ってあげるのが会社経営者が取るべき態度だと思っていたが、でもそれは間違いでした。
一緒に働く大切な仲間たちを守るために、問題社員に対応しなければならないんです。

「仲間を守るため」というフレーズが良いですね。冒頭で「悪いことをしたような気持ち」とあるが、ここはもっと具体的に話すことでより移入できます。紹介事例は自分は体験したことがないので、そうした人にも分かる描写が欲しい。How toについても聞きたいが、これがセミナー冒頭のスピーチでこの後、具体的対応方法の解説があるのであればこれでいいと思う。といった意見が出ました。

4番手はK村さん。
コンテスト用のスピーチ
スピーチタイトル「スイッチ」

 IMG_1583

今から30年以上も前の学生の頃に集団デートで、箱根からバスに乗り芦ノ湖に着いた男女6人。遊覧船に乗ろうと船着き場に行くと、そこには車庫のような建物が。真ん中の柱に何やらスイッチがある。
一緒に行った1人のの女性がそのスイッチを押すと・・・。
時は過ぎて今年の夏、諏訪湖に花火を見に行き宿にはプライベートと書かれた扉がある。それを開けてしまうのは30年以上も前にスイッチを押した女性ではなく・・・。自分ではできない(やらない)行動をとる周囲の人がおかしいのか、自分がおかしいのか?これからはスイッチを押して、わからないドアは開けてみると改心できるかの葛藤スピーチでした。

 
「固定概念を捨てる」メッセージが良いです。話し方が単調であったので緩急をつけた方がよい。
スイッチを押す人の心理を追加すると良くなる。情景描写が上手い。悩みのないスピーチ。人間の本質に迫るエンディングにしても良い、といった意見がでました。

輝トーストマスターズでは、少人数でとことんスピーチ、ひいては自分の伝えたいことや考えと向き合える時間を提供しています。通常の活動に物足りなさを感じている方、是非輝トーストマスターズで一段深い日本語の世界に足を踏み入れてみませんか。

このページのトップヘ