輝トーストマスターズクラブ

2015年10月

TMC 第119回例会報告

参加者:A部、S井、K村、H松、T内、N村、K木、K多河、K口、

ゲスト:S惠さん
 

定刻通り、A部会長の開会宣言で例会が開始されました。

台湾からのゲストでS惠さんが参加。
 

今日のACマニュアルは「物語の話術」

 

スピーカー1:H松さん(7:21)

プロジェクト#1「民話」

タイトル「小民話」

カタツムリのお話

 

スピーカー2:S井さん(6:45)

プロジェクト#1「民話」

タイトル「遠野物語」

※岩手県遠野市に伝わる伝承を記録した「遠野物語」

 S井さんが実際に遠野で聞いた民話を再現。。。S井さんのスピーチは毎回ビュジアル

 から成りきる凄さ・・・

 

スピーカー3:K木さん(8:51)

プロジェクト#5「歴史を生き返らせる」

タイトル「空白の占領地 サハリン」

※サハリンに旅行に行った時の体験、そして現在も残されているサハリンの「空白の占領地」のお話。
とても興味深いお話でした。 

 

スピーカー4:A部さん(8:27)

プロジェクト#2「個人的な話をする」

タイトル「デモ・恐怖・グッバイ」

※かつて学生運動に参加した時のリアルな実体験を物語にして話されました。

 

例会後の昼食時に11月の全国大会で、アドバンスクラブブース参加の有無の

動議がS井さんから提出され、全会一致で可決された。

当日、ブースメイン担当:S井さん、PRポスター作製担当:T内さん
 

また、ゲストで来られた蔡さんから入会宣言がありました。
S惠さんは、仕事の都合で1年間日本企業の本社に転勤になったそうです。
S惠さん、宜しくお願いします。 

安部
堀松
酒井
柏木
 

日時: 9月26日 

場所: 中原市民館
新企画プログラムにて本年度2回目の例会です。

今回使用したマニュアルは「楽しませるスピーカー」です。スピーカー全員がこのマニュアルを使用しての上級マニュアル勉強会の場となりました。

スピーカーとスピーチタイトルは次の通りです。

1. K村さん「計画通り」 プロジェクト#4 ドラマチックな話

2. H坂さん「ナムアミダブツ」 
  プロジェクト#3 人を笑わせるスピーチ

3. K刈さん 「オバサンと呼ばないで」 
  プロジェクト#3 人を笑わせるスピーチ

4. K河さん 「わたしのシルクロード」
プロジェクト#1 聴衆を楽しませるスピーチ
資料はご自分で書かれた絵画と俳句です。皆さまもどうぞご覧ください。
pdf_page_1
pdf_page_1
pdf_page_1

 回廊の いまも衛りか 玉門関 砂塵の中に 独りそびゆる

 春秋の 世をひたすらに 駆けぬけし 兵隊モノノフのかほ なほをさなきに

いにしへの 高昌の城に 蝟集イシュウせし 隊商のかげ そもまぼろしか

漢人(アヤヒト)の 威信のもとに 築かせし 烏魯(ウル)()()の街 やよ朝まだき 
 

本日の論評コーディネーターはS井さん。全員による論評のほかに、論評コンテスト用に練習会も兼ねました。
スピーカーによって楽しませ方も個性的であることを実感した例会となりました。

次回10月24日の例会場所は「ミューザ川崎」にて、10時20分より開催致します。

使用するマニュアルは「物語の話術」です。ゲスト参加大歓迎です。
皆様のご参加をお待ちしております。

このページのトップヘ