輝トーストマスターズクラブ

♪♪土曜の朝は。。。輝モーニング♪♪

「輝トーストマスターズクラブ」は、日本語上級マニュアルに沿ったスピーチを行い、会員相互で論評しマニュアルの内容を理解するという活動を行っています。いわば上級マニュアルの勉強会・研究会と言えるものです。

対象のマニュアルは現在6つで以下の通りです。
(1)情報を提供するスピーチ (Speaking to Inform)
(2)聴衆を楽しませるスピーカー (The Entertaining Speaker)
(3)物語の話術 (Storytelling)
(4)ユーモアのあるスピーチ (Humorously Speaking)
(5)説得力のあるスピーチ (Persuasive Speaking)
(6)プロフェッショナルなスピーカー (The Professional Speaker)

トーストマスターズの会員の方、元会員の方、この活動にご興味のある方は是非見学またはクラブへご連絡下さい。大歓迎です! お待ちしております。

♬例会案内♬
毎月第4土曜日 10時00分~12時
@武蔵小杉、川崎、溝の口等
(具体的な会場については、毎回の更新記事をご参照下さい)

※CCを終了していない方でも、上級スピーチに興味のある方であれば何方でも大歓迎!!

11月22日(土)10:20から武蔵小杉の「かわさき市民活動センター AB会議室」にて
年に一度の逆順例会が行われます。

逆順例会とは閉会宣言で始まり、ゲストコメント、総合論評、論評、スピーチ、開会宣言と
順番を逆にして行う例会です。

総合論評や論評で話されたことを各役割が取り込む、とても楽しい例会です。

逆順例会を見たことの無いあなた!是非見学にいらしてください。 

1025日午前10:20より、高津市民館にて第107回通常例会が開催されました。

定刻どおりH松会長より開会宣言がなされ、早速、総合司会のK村さんをご紹介。

輝クラブでは、短い例会時間のためヘルパーの説明はありません。

 

本日のスピーチは3人でした。

まず、1番目のスピーカーは、A部さん。

日本的なご衣装もご用意いただき、まるで落語の世界からやってきたかのよう。

プロジェクトは、上級マニュアル、朗読から#3モノドラマです。

タイトルは、「猫の皿」。

手作りの猫に見立てたオブジェを使い、モノドラマの楽しさを表現していました。

 

2番目のスピーカーは、T満さん。

プロジェクトは、情報を伝えるスピーチ #3実演スピーチです。

タイトルは、「フォアグラの食べ方(低価格美味編)」

フォアグラの食べ方に、聴衆も興味津々。

ユーモアを交えて経済的にも食することが可能であるとアピール。

皆もたべられるのかな?との期待がありましたが、配布無しで少々残念でした。

 

3番目のスピーカーは、K刈さん。

1114日の全国大会ワークショップ講師用の内容を30分にして、デモンストレーションを行いました。

タイトルは「パワー オブ ユーモア」

 

当日行われるユーモアコンテスト前に、このワークショップはぴったりの内容です。

日々の生活に役立つ情報も満載で、秋季大会の前にこのワークショップに参加できたことに

聴衆には満足感がありました。

 

30分枠をとっての練習も上級マニュアル中心のクラブなので可能でした。

 

総合論評は、S井さん。

3名の論評者について、さらに他の切り口での論評がなかったかなどのコメントがありました。

 

1番目の論評者は、Oさん。

戯曲としての一人芝居を絶賛しました。

改善点としては結論まで話さず、聴衆によって想像する部分があってもよいのでは?

というポイントをついた内容でした。


2番目の論評者は、Y浅さん。

女性の視点として、単に食べればいいのでは?という参加者が納得するような見解から

論評が始まり、笑いも誘うコメントでした。改善点としては、やはり実演なので、皆さんに

食べて頂く方が良いという内容でした。ご自分も食べてみたいと最後にお話して

うなずく参加者の姿がありました。


3番目の論評は会員全員で行い、ワークショップが成功するようにと、さらなる

辛口コメントが飛び交いました。

 

グループワークの際の自己紹介の内容や方法などについて、分かりにくかったなど。

効果的な方法は他にどんな自己紹介があるのか?などの疑問もでました。

 

ワークの時間配分は? については、これから吟味するポイントとのこと。

 

まだ時間がありますので、担当はこれから、また頭を痛めてさらに良いワークショップを目指す

ことになりました。全国大会はコンテストだけでなく、参加者全員がいろいろなところで

活躍し、成長することができる場であることを改めて実感しました。

 

最後に、会長が例会に欠席でしたが旅行のお土産をくださったN村さんに感謝して

チョコレートを配ってくださいました。北海道のお菓子、美味しかったです。

和やかな中にも、厳しさもあり、今日も素晴らしい例会でした。

DSCN0122

段々朝晩は肌寒くなり、秋が近づいてきました。しかし“第4土曜日の朝は輝モーニング”ということで、例会は熱く行われました。 

今月は、参加者8名と少数精鋭(?)での開催でしたが、3名が熱いスピーチを繰り広げました。

今回の司会は、クラブ復帰されたT満さん。久々でしたが、ブランクを感じさせないなめらかな司会ぶり。
さすがです。

計時係は急きょ引き受けていただいたK村さん。ベテランらしく役割説明も的確です。

集計係はK口さん。新しくなったコメントシートの説明もばっちりです。

本題の準備スピーチです。
1本目はH松さん。李登輝元台湾総統と台湾の歴史について詳しくスピーチをされましたが、力が入りすぎて残念タイムオーバー!

2品目はA部さん。落語の朗読を現代版に翻訳し、落語を聴くのとはまた違った雰囲気がありました。

3本目はS井さん。クアラルンプールに行った際に寄ったモスクでの体験をスピーチしました。

テーブルトピックスマスターK村さん。計時係も続行しながら、ダブルロールで行ってくれました。

201409輝
次回は10/25(土)1020-1150高津市民館第3会議室にて開催します。

お楽しみに!

晴天に恵まれた天候の中、代々木オリンピックセンターにてエリアコンテストが行われました。

輝クラブは日本語のホストを行い、多くのメンバーがコンテスタントおよび運営ヘルパー
として集まりました。

結果は1位が江戸クラブのKさん、2位が輝クラブのHさん、3位が輝クラブのOさん
と大健闘。
2人ともインハウスより磨きをかけたスピーチで望みましたが、惜しかったのはHさんが
ストーリーを一部ロストした場面があったことで、これがなければ結果は変わっていたかもしれません。

ともあれ1位のKさんは観客を巻き込みながら、縦横無尽なスキルを発揮しスピーチにあった
「子鹿の心臓」とは思えない話術で聴衆を沸かせました。来るディビジョンコンテストでのご健闘を
祈念いたします。

みなさま、おつかれさまでした!

記事:S.H

DSCN0065
DSCN0074
DSCN0090
DSCN0106
DSCN0111
DSCN0115


 

8月31日に輝TMCのインハウスコンテストが行われました。

ベテランメンバーの多い輝クラブでは、毎回エリア/ディビジョンへと複数の
コンテスタントを送り込んでいます。今秋は秋季全国大会の実行委員を務めるメンバーが
複数でたこともあり、 コンテスタントが若干少なめとなりましたが、それでも各コンテスト
は素晴らしいスピーチを見せてくれました。

 順位は1位Oさん、2位Hさん、3位Kさんとコンテストの常連が強みを発揮した結果と
なりましたが、デュアルメンバーが殆どのため、代表はまだ未確定です。

普段は上級マニュアルが中心の輝クラブですが、コンテストチャレンジが
目的の方もお待ちしております。月1回なので負担が少なく上手に利用できますね。 

輝クラブの属するエリア21コンテストは9月23日の祝日に代々木オリンピックセンター
で行われます。

次回の例会は9月27日(土)に中原市民会館第2会議室です。(10:20-11:50) 

SH
DSCN0051

DSCN0053

このページのトップヘ