輝トーストマスターズクラブ

♪♪土曜の朝は。。。輝モーニング♪♪

「輝トーストマスターズクラブ」は、日本語上級マニュアルに沿ったスピーチを行い、会員相互で論評しマニュアルの内容を理解するという活動を行っています。いわば上級マニュアルの勉強会・研究会と言えるものです。

対象のマニュアルは現在6つで以下の通りです。
(1)情報を提供するスピーチ (Speaking to Inform)
(2)聴衆を楽しませるスピーカー (The Entertaining Speaker)
(3)物語の話術 (Storytelling)
(4)ユーモアのあるスピーチ (Humorously Speaking)
(5)説得力のあるスピーチ (Persuasive Speaking)
(6)プロフェッショナルなスピーカー (The Professional Speaker)

トーストマスターズの会員の方、元会員の方、この活動にご興味のある方は是非見学またはクラブへご連絡下さい。大歓迎です! お待ちしております。

♬例会案内♬
毎月第4土曜日 10時00分~12時
@武蔵小杉、川崎、溝の口等
(具体的な会場については、毎回の更新記事をご参照下さい)

※CCを終了していない方でも、上級スピーチに興味のある方であれば何方でも大歓迎!!

★会場が毎月異なります。  お手数ですが、ご確認願います。

7/22 中原市民館 第3会議室(武蔵小杉)
8/26 ミューザ川崎 研修室1(川崎)
9/23 中原市民館 第3会議室(武蔵小杉)

 本日の例会は「ユーモアのあるスピーチ」のマニュアルを行いました

 

1番目のスピーカーはA部さん

プロジェクトは「#3 聞き手を笑わせる」、タイトルは「スピーチクラブ」

落語ベースで、ブラックユーモアを交えての笑いが絶えない愉快なスピーチをご披露頂きました

2番目のスピーカーはK口さん

プロジェクトは「#2聞き手を笑顔にして帰す」、タイトルは「初めの一歩

春のコンテストスピーチをユーモアスピーチの観点から練り直してスピーチされました

 

その他に、翌日のエリアコンテストに出場する2名のリハーサルを行いました

英語コンテスト出場のK川さんは、ご自身も実践されている断糖食についてお話されました

日本語コンテスト出場のH坂さんは、剣道を通じて得たことについてお話されました

 

文責:M.H.

unnamed
強豪ぞろいのなか、英語部門ではK刈さん、日本語部門ではH坂さん、日英、制覇です!!

英語部門ではK河さん、日本語部門ではT内さん、健闘しました。お疲れさまでした〜
そしてそして、初英語審査員長、そして懇親会幹事もしてくださったF田さん、本当に素晴らしいエリアコンテストありがとうございました!

メンバーのK村さんはヘルパーに加えてなんとなんと48食分のインスタント味噌汁を会場に来た皆さんに振る舞ってくれました! 皆さんめちゃくちゃ喜んでいました(^^)

そして会の最後にはOさんが全国大会のご案内。しっかりと輝クラブをアピールしてくれました!連日おつかれさまです(^^)!結果、輝クラブ大活躍のエリア24コンテストでございました〜(^^)

優勝された2人が出場するディビジョンBコンテストは★4/15(土)午後、武蔵野公会堂@吉祥寺★です。
みんなで応援に行きましょう〜!

月~7月の会場をお知らせ致します。

4/22 ミューザ川崎 研修室2(最寄駅:JR川崎駅)

5/27 ミューザ川崎 会議室3(最寄駅:JR川崎駅)

6/24 ミューザ川崎 研修室3(最寄駅:JR川崎駅)

7/22  中原市民館 第3会議室最寄駅:東横線 武蔵小杉駅

132回例会報告

 

本日の準備スピーチのマニュアルは「情報を伝えるスピーチ」でした。


まずH坂さんが、タイトル「労働組合の現状と今後の政策案」で、組合幹部が構成員を前に組織の現状と、活動方針を述べるという想定で、#4 実情調査をこなされました。副業ならぬ複業を勧めるという面白い提案がありました。


次にA部さんが、マニュアル#5 抽象的テーマに基づき、「帝国と資本の論理(近代史の一つの視点)」と題して、フランス革命以降の壮大な歴史概論を展開されました。帝国の思潮をNationalism、資本の論理をGlobalismと大胆に切り分けそれらが西洋社会に交互に訪れたとの主張でした。


最後のスピーカーはN西さんで、タイトル#1情報を伝える「お薬の裏事情」で、抗がん剤が認可に至るまでの、素人には窺い知れないカラクリをご紹介いただきました。


次に、K刈さんのWS「ユーモアスピーチ」があり、彼女のお得意の分野であるユーモアのアピール手法を分析的に解説頂き、勉強をし、また笑い転げました。(文責 喜多河)

このページのトップヘ